都内における不動産販売|評判の良い不動産会社を利用しよう|マンション売却で大事なこと

評判の良い不動産会社を利用しよう|マンション売却で大事なこと

都内における不動産販売

つみき

23区内の不動産販売

都内の不動産売却について目黒区を例にして説明いたします。不動産売却の場合には、より高値で売れること、そして、よい不動産業者に販売を依頼するのが大事です。不動産の価格は立地条件、建物の状況、周囲の状況によって決まります。立地条件としては、交通のアクセスが良く、駅から近いことがあげられます。建物の状況は、その物件の経年劣化からくる外壁の汚れ、ひび割れ、階段の汚れ等の状況が関係してきます。周囲の状況というのは、物件周囲の自然環境、公園、学校、店舗等が揃っているかがポイントとなります。目黒区の場合を見ますと、交通のアクセスとしては、JRをはじめとして、東急線が区内を通り、バスも多くの本数があります。公園は、林試の森公園をはじめとした自然公園が充実しています。また、芸能人の住む御殿も多いことからスティテスもあり、立地、環境は揃っています。物件が適正に維持管理されていれば、販売は順調に進みます。

具体的な販売方法

目黒区での不動産売却については、立地、周囲の環境を勘案すると、物件が適正に管理されて、資産価値の現象が少なければ、かなりの好条件での不動産売却が期待できます。元々目黒区は芸能人の高級住宅街というイメージもあり、条件はそろっています。具体的な販売方法としては、まず不動産業社に査定を依頼します。査定は無料です。査定額が売主が満足のいく価格であれば、不動産会社と転売に関する媒介契約を締結します。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の三通りがあります。一般的には専任媒介契約です。契約後、買い手が見つかりましたら、売買契約を締結します。締結後は、ローン物件であれば、ローンの一括繰り上げ返済手続きをします。一方、不動産業者は抵当権の移転等の手続きを司法書士事務所に依頼し、最終引き渡し日が決定したなら、その日に合わせて、抵当権を移転すれば、不動産売却の成約となります。注意すべき点としては、売却の際に諸々の手数料が発生いたしますので、売値からこれらの手数料及びローンの残債を引いて、売り手が損をしない価格であるかを確かめることです。